顔や目に起きる神経痛の原因

神経痛には坐骨神経痛などの様々な種類があります。顔に痛みが走ることから顔面神経痛と呼ぶ方もいらっしゃいますが、顔面神経は主に顔の表情筋を動かすための神経であり、痛みは感じません。顔の痛みを司っている神経は三叉神経となっており、顔痛の原因は基本的に三叉神経が関係しています。そのため、顔における神経痛は三叉神経痛と呼ばれています。

三叉神経とは

顔の痛覚、触覚、冷熱感などの感覚を脳に伝える神経です。脳幹から出ており、3本の枝に分かれていることから三叉神経と呼ばれています。顔面が自分の意思とは関係なくピクピクと痙攣する原因は、運動神経である顔面神経が関係しており、顔が激しく痛んだり麻痺したりする場合は三叉神経が関係していると考えられます。

三叉神経痛が疑われる痛み

三叉神経痛が疑われる痛み

三叉神経痛は非常に強い痛みが一瞬走るのが特徴です。ほとんどが数秒程度の痛みで、長い時でも数十秒程度でおさまります。もし、10分以上も痛みが続くようなら、三叉神経痛ではなく他の病気が疑われます。

また、三叉神経痛は様々な刺激で誘発されます。化粧やひげそりで起こることもあれば、飲み食いしたり、冷たい風が当たったりすることで誘発される場合もあります。

三叉神経痛の原因

三叉神経痛の原因

三叉神経痛が起こるほとんどの原因は、血管による神経の圧迫です。脳幹から出た三叉神経の近くには、血管があり常に拍動しています。神経は通常、触覚や痛覚などの感覚をそれぞれ別の回路で脳に伝えています。

しかし、血管が当たっていることにより神経に傷が付くと電気信号が漏れてしまい、ただ触れただけの感覚が間違って痛みとして伝わってしまうため、非常に強い痛みを感じます。

神経に食い込んだ血管を移動させる手術を行うことで、痛みを取り除くことが出来ます。手術の成功率は高く、後遺症が残る可能性もほとんどありません。

熊谷駅北出口より歩いて5分の場所にある当鍼灸院では、身体の痛みなど様々な悩みに対応しております。使い捨てのはりを使用しており、衛生面にも最大限配慮しております。また、女性の方には女性スタッフが対応致しますので、安心してご利用頂けます。保険の取り扱いや費用の面で気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。