自宅でできるストレッチ(腰痛編)

腰痛に悩んでいる日本人は非常に多いといわれています。特にデスクワークをされている方は、長時間同じ姿勢をとっているため、姿勢が乱れ腰痛になりやすい傾向にあります。腰痛を悪化させたくないなら、ストレッチを毎日の習慣にするのもおすすめです。

ストレッチをする時の注意点

ストレッチをする時の注意点

歩くのも辛いような腰痛の場合は、無理をしないことが大切です。ストレッチをした時に痛みがある場合も、すぐに中止することをおすすめします。また、ストレッチをする時は、無理に伸ばしたり反動をつけたりするなどの無理は禁物です。

誤った方法で続けると余計に悪化したり、ぎっくり腰ヘルニアの原因になったりする可能性があります。ストレッチは無理をするよりも、自分のペースを守りながら毎日継続して行うことが大切です。

腰の筋肉を伸ばすストレッチ

長時間のデスクワークなど、同じ姿勢を続けていると筋肉がこわばってしまいます。硬くこわばった筋肉は怪我をしやすく、肩こりや腰痛を引き起こしやすいため、ストレッチで身体の筋肉を引っ張り柔らかくする必要があります。腰の筋肉を伸ばす時は、まず仰向けになり片方の膝を抱えます。胸に膝を引き付けて5秒間キープします。この時、反対の足は踵を地面において浮かさないようにします。10回程度行ったら反対の足も同じように膝を引き付けます。胸に膝が付くことが理想ですが、難しいなら無理をせずに出来る範囲で行うことをおすすめします。

三日坊主の方でも続けやすい簡単ストレッチ

三日坊主の方でも続けやすい簡単ストレッチ

ストレッチをしたくても、なかなか続けられないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな方におすすめなのが、寝る前の30秒で出来る簡単ストレッチです。布団の上に膝を立てて仰向けになり、膝同士を左右に振るだけのストレッチですので、どなたでも簡単に続けられます。

自分が気持ち良いと感じる範囲で左右に振り、徐々に振り幅を広げていきます。このストレッチは、腰痛の原因になることもある筋肉の歪みを調整してバランスを整えることが出来ます。

熊谷市にお住まいの方で腰痛にお悩みでしたら、当鍼灸院にぜひご相談下さい。腰痛以外にも膝関節症腱鞘炎など様々な痛みの相談を受け付けております。基本は灸とはりで施術を行っていますが、灸のみ、はりのみの施術も可能です。身体の不調でお悩みの方は、お気軽にご相談下さい。